三相交流モータの原理

三相交流モータは、ステータの三相対称巻線であり(3相は同じ巻数を有し、それらが空間に配置されるとき、電気角は120度離れている、すなわち、 2極のモータ巻線と相巻線は120度、4極モータの相と相は6極の相と相の位相差が60度、位相差が30度)ステータコア内に回転磁界を発生させる三相交流につながる。 この回転磁場は、回転子巻線を切断し、回転子巻線に電位を誘導し、誘導電流を誘起する。 ロータ電流は、ステータの回転磁界と相互作用して、ロータを回転させる回転トルクを生成する。