永久磁石DCモータの構成

一般化されたモータ概念の観点から、永久磁石DCモータは、モータ本体、位置検出器、および直接受動受動インバータの3つの主要な構成要素からなる。
元のDCモータと1対1の対応がある場合、永久磁石によって形成されたロータは元のDCモータのステータに対応し、その機能は一定の空隙磁界を生成することであり、位置検出器とインバータが共に電子を構成する。整流子は、元のDCモータの機械的接触転流装置を置き換える。
3.永久磁石DCモータ制御システムは、速度制御システムの一部です。